EDになってしまい悩む男性

EDになってもいいや、と思う男性は性欲がないとかに関らず少ないと思います。EDは決して治せない症状ではないのでEDになった、またはそのような悩みのある方は行動に移しましょう。

EDになった時のストレス解消法

EDになった時のストレス解消法は少し変わっています。なぜならば、「自分はEDである」ということから逃げるようにすべてを忘れる一方で、ある意味ではそうすればそうするほど、ますます、EDになってしまうことがあります。そこで一番よいことは、「いざとなったら一人で楽しめばよい」と腹をくくることです。そうすることによって、どんな効果があるか?というと、一人で勝手ににエッチな妄想やビデオを楽しむことができるということです。また、そのように開き直らないどうなるか?というと、いやらしいことからはどんどん逃げてしまい、ますますエッチッけがない修行僧のような世界に行ってしまいます。するとどうしても帰ってこれなくなります。もちろん、一時はそういうこともよいでしょう。しかし、実は、EDもトラウマの一つです。そうだとすると、「トラウマになったものがある日治った」ということはありません。つまり一番大切なことは、たつ、たたないは関係なく一人で自由にエッチなことを自由に考えられる空間を持つということです。一人なの誰からも焦らされることなく、そして、起たなくても恥ずかしいことはありません。パートナーがいる場合はどうしても理解が必要です。しかし、パートナーがいない場合は、それで一人のびのびやっていることが本当のEDのストレス発散方法です。そうしているうちに、何かの拍子に素敵な異性をグラビアで見つけたり、たまたま読んだ小説思いっきりそそられたりします。そのとき気づくと勃起しないはずのものが、勃起していることが多いのです。なぜなら、EDのほとんどは、心因性であることが多いからです。一方で、機能に問題があってEDになっている場合であっても、そうして一度すごすことにより自分に起きている問題を受け止められることのになるので、その後のよい治療に迎えます。

EDは完全に治すことはできる?

EDは、加齢による場合や、生活習慣の乱れやストレス、食生活などさまざまな原因が考えられます。病院での診察、的確な治療を受けることで回復することもできます。また、原因となるものが自身で発見でき、原因を解決した場合にも、回復が見られます。しかし、完全に治すことができるかどうかに関しては、個人差もあるため同じ治療法や解決策をしても結果は異なる場合があります。そのため、EDの状態にならないように普段からの予防が重要です。生活習慣などが原因になる可能性があるため、日々の生活習慣を規則正しく健康的なものに改善を心がけていくことが大切です。また、悩みを抱えてしまうとストレスを感じてしまい、溜め込むことでEDの原因になる場合があります。また、ストレスはホルモンバランスにも影響を与え、肌荒れなどを引き起こしたり、体にもさまざまな影響を与えてしまうので、できるだけストレスを抱えないような環境作りが必要になってきます。また、悩みを打ち明けられる家族や友人を持つことも大切です。相談できる相手がいればストレスの解消にもつながるでしょう。その他にも自分自身でうまく気持ちを切り替えていくこともストレスを溜め込まない秘訣といえます。仕事の悩みや家庭の悩みをずっと引きずることはやめましょう。仕事をしていない時には、しっかりと気持ちを切り替えていくなどして、自分でストレスが溜まってしまわないように、工夫していくことも大切です。食生活では、バランスのよい食事を心がけていくことで、体にしっかりと栄養を取り込むことができ、また生活習慣病予防にもなります。生活習慣病は、EDになりやすい傾向もありますので、出来る限り症状が悪化しないように、またある程度改善できるように日々心がけていくことでED予防につながるでしょう。

EDの治療は病院に行かなくてもいい?

結論からいうと、ED(勃起障害)の兆候があったら病院に行ったほうが良いです。男性にとって屈辱的な症状でもあり、QOL(生活の質)を大きく下げてしまうのが、EDです。ストレスやトラウマが原因の心因性のEDもありますが、ほとんどの原因は加齢による動脈硬化です。また、年齢が高くなくても生活習慣が乱れていると若い人でも動脈硬化の影響でEDになることもあります。ペニスの血管は全身の血管のなかでも細く、1~2mmしかありません。心臓は3~4mm、脳は5~8mmということから判断すると、いかにペニスの血管が狭いかがわかります。心臓や脳の血管が詰まれば心筋梗塞や脳梗塞が起きるわけですが、それが局部のペニスで起きているのがEDです。もちろん、そこまで重症になっているとは限りません。完全に詰まっているわけではなく、どこかの血流が悪くなったことでペニスへの血液供給量が少なくなり、勃起しづらくなっている可能性もあります。しかし、EDは動脈硬化の前兆という可能性が高いので、気づいたらなるべく早めに病院を受診したほうが良いです。早く受診したおかげで、初期の動脈硬化に気づくことができて、治療薬で簡単に改善できたという例もあります。初期症状であれば、動脈硬化に対しての改善効果も高くなりますし、治療の選択肢も広いです。ED治療薬だけで血流が改善して、動脈硬化を予防できる可能性もあります。若い人うちは動脈硬化にならないと思うかもしれませんが、食生活が乱れていたり、肥満気味の人は注意したほうが良いです。ペニスに変形がない限り、下着を脱いで診察するようなことはありません。最近のED専門クリニックでは、男性スタッフだけで対応してくれるという配慮を施しているところもあります。